2014年10月19日日曜日

「このマンガがすごい! 2011」


(選考対象は2009年10月1日~2010年9月30日に単行本が発売された作品)


1位:進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
 本誌ランキング:1位
 期間内の発売状況:1~3巻
【ポイント】
この年、ダントツで1位。
夏頃から書店で大キャンペーンを展開したのも印象的。
【その後】
2014年10月現在、14巻まで刊行。
2013年にアニメ化。
実写映画化も決定。

2位:ムシブギョー 蟲奉行 1 (少年サンデーコミックス)
 本誌ランキング:‐位
 期間内の発売状況:1~2巻
【ポイント】
江戸時代を舞台としたファンタジーは珍しい。
絵柄にもオリジナリティがある。
【その後】
2010年に3巻で完結。
「週刊少年サンデー超」から「週刊少年サンデー」に移籍し、
『常在戦陣!!ムシブギョー』と改題してイチからリスタート。
2014年10月現在、14巻まで刊行。
2013年にアニメ化。

3位:Aclla~太陽の巫女と空の神兵 1 (YA!コミックス)
 本誌ランキング:‐位
 期間内の発売状況:1~2巻
【ポイント】
インカが舞台のファンタジー。
元は携帯配信。
【その後】
2011年に5巻で完結。
同人のシューティングゲームも出た模様。
版元が非大手で、あまり書店に棚がないのが残念。

4位:乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
 本誌ランキング:6位
 期間内の発売状況:1~2巻
【ポイント】
細部まで緻密に凝った書き込みがすごい。
【その後】
2014年10月現在、6巻まで刊行。
2014年にマンガ大賞受賞。

5位:アサギロ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
 本誌ランキング:‐位
 期間内の発売状況:1~2巻
【ポイント】
ヒラマツミノルのバタ臭い絵で時代劇をやる新鮮さ。
【その後】
2014年10月現在、10巻まで刊行。


「青田買い」のコンセプトがかなり強いチョイス。
「新人」「1巻刊行」となると、この年は『進撃の巨人』は無視できない。
この年からオトコ編のインタビューを担当。

0 件のコメント:

コメントを投稿