2014年10月25日土曜日

「このマンガがすごい! 2013」


(選考対象は2011年10月1日~2012年9月30日に単行本が発売された作品)


1位:天地明察
 本誌ランキング:‐位
 期間内の発売状況:2~3巻
【ポイント】
1巻が前年9月23日発売なので、
少し内容がまとまったこの年に票入れ。
【その後】
原作小説は2010年4月に本屋大賞を受賞。
2012年9月に実写映画が公開。
コミックスは2014年10月現在、7巻まで刊行。

2位:BE BLUES!〜青になれ〜
 本誌ランキング:41位
 期間内の発売状況:3~6巻
【ポイント】
大怪我からリハビリを経て復帰するのが3巻。
【その後】
2014年10月現在、16巻まで刊行。

3位:外天楼
 本誌ランキング:37位
 期間内の発売状況:1巻
【ポイント】
一見、無関係に思える複数の短編が、
最終的に一本の大筋へと収斂されていく手腕。
【その後】
1巻で完結。
テーマ性のある短編集、といった趣。
完成度、高い。

4位:亭主元気で犬がいい
 本誌ランキング:‐位
 期間内の発売状況:3~5巻
【ポイント】
徳弘正也にとって初の小学館での連載。
後半はクライム・サスペンスのフォーマットが出来上がる。
物語を軌道に乗せるまでの、ベテランの妙味。
【その後】
2013年に8巻で完結。

5位:キン肉マン
 本誌ランキング:7位
 期間内の発売状況:38巻~40巻
【ポイント】
webで初代『キン肉マン』が再開。
再開後の最初の単行本が38巻。
【その後】
2014年10月現在、48巻まで刊行。


この年は新宿ロフトプラスワンで
本誌の出版記念イベントが開催された。
『テラフォーマーズ』原作の貴家悠先生、
『キン肉マン』ゆでたまごの原作担当・嶋田隆先生を
お招きして壇上で生インタビュー。
結構なお客の入りで緊張した。
内容はメモ程度にまとめてあるので、要約してアップしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿