2016年11月27日日曜日

カストロとマンガ

キューバ共和国の前国家評議会議長フィデル・カストロが死去した。享年は90歳。1959年に親米のバティスタ政権を打倒してキューバ革命を成し遂げ、社会主義国を建設し、カリスマ的な指導者として君臨した。

さてキューバは社会主義国なので、言論の自由が保障されていない。
それゆえ、キューバの新聞で政治や政権の風刺漫画を描いていた作家は、アメリカへと亡命を余儀なくされた。そしてアメリカ亡命後、ECコミック(現在のDCコミック)の雑誌「MAD」でヒット作を飛ばした作家がプロフィアス(Antonio Prohías)である。
彼の代表作『Spy vs. Spy』は、白いスパイと黒いスパイが、お互いに罠を仕掛けあうスラップスティック・コメディだ。
Spy Vs. Spy: The Complete Casebook
Antonio Prohias
Watson-Guptill (2001-09-01)
売り上げランキング: 159,744

この作品は翻訳されていないが、サイレント(セリフがない)ので、原書でも楽しむことができる。
アメリカでは根強い人気を誇り、2004年にはマウンテン・デューのCMにも起用されたようだ。

日本ではあまりなじみのない作品だが、しかし40代以上のゲーム好きにとっては、“あの”『Spy vs. Spy』(スパイ・アンド・スパイ)の原作、といえば通じるハズ。

スパイVSスパイ
スパイVSスパイ
posted with amazlet at 16.11.27
コトブキシステム (1986-04-26)
売り上げランキング: 14,158
ゲームは白いスパイ(ヘッケル)と黒いスパイ(ジャッケル)が機密書類を奪い合う内容。画面は上下で二分割されており、部屋の各所に隠された罠を見つけ、それを仕掛け、相手より先に機密書類を手にして部屋から脱出すれば勝利となる。
罠を仕掛けたり、相手とバトルをしたり……と、対コンピュータの1Pモードよりも、対人対戦がアツイ。ハッキリ言えば、性格の悪い方が勝つ。
現在はiPhone版のアプリもリリースされている。

カストロ政権にも功と罪はあるが、その陰にプロフィアスと『Spy vs. Spy』があることも記憶にとどめておきたい。

Spy vs Spy - Robots and Pencils Inc.

2016年11月24日木曜日

コミックランキング(2016年11月28日付)

【週間ランキング】

「オリコンスタイル」週間コミックランキングより
 ※2016年11月28日付(2016年11月14日~2016年11月20日

1位:ONE PIECE 83
 推定売上部数:168,561部
2位:テラフォーマーズ 19
 推定売上部数:154,045部
3位:マギ 31
 推定売上部数:152,460部
4位:FAIRY TAIL 58
 推定売上部数:134,584部
5位:アルスラーン戦記 6
 推定売上部数:91,677部
6位:MAJOR 2nd 7
 推定売上部数:85,395部
7位:ゴールデンカムイ 9
 推定売上部数:84,288部
8位:ベイビーステップ 42
 推定売上部数:74,499部
9位:マギ シンドバッドの冒険 11
 推定売上部数:73,256部
10位:金田一少年の事件簿R 11
 推定売上部数:69,317部
11位:干物妹! うまるちゃん 9
 推定売上部数:67,366部
12位:僕のヒーローアカデミア 11
 推定売上部数:47,915部
13位:黒崎くんの言いなりになんてならない 8
 推定売上部数:47,563部
14位:食戟のソーマ 21
 推定売上部数:43,997部
15位:エリアの騎士 54
 推定売上部数:43,316部
16位:UQ HOLDER! 12
 推定売上部数:42,008部
17位:秋田妹! えびなちゃん 1
 推定売上部数:39,833部
18位:ドメスティックな彼女 11
 推定売上部数:37,931部
19位:モンスター娘のいる日常 11
 推定売上部数:35,858部
20位:七つ屋志のぶの宝石匣 3
 推定売上部数:35,670部

※コミックナタリーのランキング(TSUTAYA調べ&COMIC ZIN調べ)はこちら



【ランキング総評】

『ONE PIECE』が3週連続で首位。『テラフォーマーズ』『マギ』『MAJOR 2nd』あたりは発売日が11月18日なので、正味3日間での売り上げ。『FAIRY TAIL』は17日と、このあたりの順位付けは来週の結果を見てから判断したいところ。
それにしても、『MAJOR 2nd』『ベイビーステップ』『エリアの騎士』と、スポーツ漫画はロングテールになりやすいのがよくわかる。どの編集部も、スポーツものを欲しがるのも理解できる。

【Pick up Review】

17位:秋田妹! えびなちゃん 1
秋田の女子中学生が、高校入学を期に上京。ひとり暮らしで自炊するゆるふわ系コメディ。11位の『干物妹! うまるちゃん』のスピンオフ作品で、本編ともども20位以内にランクインした。COMIC ZIN調べのランキングではワンツーフィニッシュをしており、オタ系コンテンツとしてのポテンシャルの高さが感じられる。

秋田妹! えびなちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス)
サンカクヘッド
集英社 (2016-11-18)
売り上げランキング: 169


2016年11月17日木曜日

コミックランキング(2016年11月21日付)

【週間ランキング】

「オリコンスタイル」週間コミックランキングより
 ※2016年11月21日付(2016年11月07日~2016年11月13日

1位:ONE PIECE 83
 推定売上部数:487,301部
2位:アルスラーン戦記 6
 推定売上部数:206,203部
3位:僕のヒーローアカデミア 11
 推定売上部数:156,595部
4位:BLEACH-ブリーチ- 74
 推定売上部数:142,506部
5位:食戟のソーマ 21
 推定売上部数:131,854部
6位:弱虫ペダル 47
 推定売上部数:95,798部
7位:監獄学園 23
 推定売上部数:89,393部
8位:銀魂-ぎんたま- 66
 推定売上部数:75,289部
9位:プラチナエンド 4
 推定売上部数:68,706部
10位:銀河英雄伝説 4
 推定売上部数:52,579部
11位:ふらいんぐうぃっち 5
 推定売上部数:51,659部
12位:ウィッチクラフトワークス 10
 推定売上部数:50,834部
13位:コーヒー&バニラ 4
 推定売上部数:48,729部
14位:黒崎くんの言いなりになんてならない 8
 推定売上部数:45,449部
15位:恋と嘘 5
 推定売上部数:43,691部
16位:突然ですが、明日結婚します 6
 推定売上部数:40,328部
17位:エスケープジャーニー 2
 推定売上部数:38,855部
18位:七つ屋志のぶの宝石匣 3
 推定売上部数:36,753部
19位:思い、思われ、ふり、ふられ 4
 推定売上部数:32,402部
20位:聖☆おにいさん 13
 推定売上部数:32,323部

※コミックナタリーのランキング(TSUTAYA調べ&COMIC ZIN調べ)はこちら


【ランキング総評】

11月4日発売のジャンプコミックスが、今週の集計期間までが「発売10日間」に該当するので、前週に引き続きランキング上位に入っている。『ワンピース』は発売10日間で合計200万部到達なので、やはり規格外。
2位『アルスラーン戦記』、10位『銀河英雄伝説』と、田中芳樹原作が2作品ともトップ10に。いま40代以上のオタクにとって田中芳樹は「基礎教養」ともいえる存在。それが現代の若者にも受容されているのか、あるいはアラフォー以上の世代がいまも支え続けているのか。いずれにせよ、新規のファンがついていなければ、『アルスラーン』の20万部はありえない。荒川弘ファンの流入か。

【Pick up Review】

圏外:空挺ドラゴンズ 1
11月7日発売なので今週の集計期間にガッツリと収まるのだが、トップ30にも入らなかった(30位は『ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 4』の23,027部)。
龍を捕まえる捕龍船の乗組員たちの物語。各地を飛び回って竜を捕獲し、解体して肉や骨や油を売って生計を成り立たせている設定がおもしろい。
今月イチオシ!

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2016-11-07)
売り上げランキング: 265

2016年11月10日木曜日

コミックランキング(2016年11月14日付)

【週間ランキング】

「オリコンスタイル」週間コミックランキングより
 ※2016年11月14日付(2016年10月31日~2016年11月06日)

1位:ONE PIECE 83
 推定売上部数:1,631,659部
2位:BLEACH-ブリーチ- 74
 推定売上部数:248,139部
3位:僕のヒーローアカデミア 11
 推定売上部数:203,825部
4位:食戟のソーマ 21
 推定売上部数:162,169部
5位:銀魂-ぎんたま- 66
 推定売上部数:110,705部
6位:監獄学園 23
 推定売上部数:86,684部
7位:プラチナエンド 4
 推定売上部数:81,174部
8位:思い、思われ、ふり、ふられ 4
 推定売上部数:72,139部
9位:アイアムアヒーロー 21
 推定売上部数:65,013部
10位:聖☆おにいさん 13
 推定売上部数:63,961部
11位:キングダム 44
 推定売上部数:61,715部
12位:きょうは会社休みます。 12
 推定売上部数:58,789部
13位:七つの大罪 23
 推定売上部数:53,523部
14位:空母いぶき 5
 推定売上部数:48,249部
15位:クロネコ彼氏のあふれ方 3
 推定売上部数:45,605部
16位:冒険王ビィト 13
 推定売上部数:42,529部
17位:ダイヤのA actⅡ 5
 推定売上部数:36,093部
18位:きのう何食べた? 12
 推定売上部数:33,051部
19位:この音とまれ! 13
 推定売上部数:30,397部
20位:GIANT KILLING 42
 推定売上部数:27,586部


※コミックナタリーのランキング(TSUTAYA調べ&COMIC ZIN調べ)はこちら


【ランキング総評】

集英社ジャンプコミックスの発売週。11月4日発売なので、集計期間に含まれる日数はわずか3日。それで160万部を超えるのだから、やはり『ONE PIECE』は格が違う
同様に、前週に集計期間が3日だった作品を例にすると、『アイアムアヒーロー』、『自殺島』(16巻:24,929部、17巻:25,736部)の売上部数はほぼ前週と同じ。ということは、来週のランキングも、今週発売のジャンプコミックスが上位にランクインするのか?
また、『監獄学園』も同じく11月4日発売なので、こちらの動向も注目したい。


【Pick up Review】

14位:空母いぶき 5
かわぐちかいじの現在の連載作品。中国の工作員が尖閣諸島の小島に上陸し、やがて自衛隊と中国人民解放軍が武力衝突へと向かっていく。現在の日中関係から想定される「有事」が題材なだけに、注目度は高い。
前週と今週の推定売上部数を合算すると5巻は10万部突破。
講談社「モーニング」連載の『ジパング 深蒼海流』と同時に、これほどタフな作品を連載しているのだから、さすがかわぐちかいじ、といったところ。


空母いぶき 5 (ビッグ コミックス) (ビッグコミックス)
かわぐち かいじ
小学館 (2016-10-28)
売り上げランキング: 58

2016年11月3日木曜日

コミックランキング(2016年11月07日付)

【週間ランキング】

「オリコンスタイル」週間コミックランキングより
 ※2016年11月07日付(2016年10月24日~2016年10月30日)

1位:思い、思われ、ふり、ふられ 4
 推定売上部数:168,863部
2位:聖☆おにいさん 13
 推定売上部数:141,606部
3位:きょうは会社休みます。 12
 推定売上部数:135,502部
4位:キングダム 44
 推定売上部数:128,592部
5位:七つの大罪 23
 推定売上部数:99,940部
6位:きのう何食べた? 12
 推定売上部数:87,275部
7位:GIANT KILLING 42
 推定売上部数:82,207部
8位:ReReハロ 11
 推定売上部数:76,565部
9位:ダイヤのA actⅡ 5
 推定売上部数:62,094部
10位:アイアムアヒーロー 21
 推定売上部数:61,017部
11位:空母いぶき 5
 推定売上部数:58,453部
12位:結婚指輪物語 4
 推定売上部数:47,444部
13位:Bread & Butter 5
 推定売上部数:44,872部
14位:だがしかし 6
 推定売上部数:44,672部
15位:ちはやふる 33
 推定売上部数:43,567部
16位:ヴァニタスの手記 2
 推定売上部数:43,045部
17位:魔法少女リリカルなのはViVid 17
 推定売上部数:39,319部
18位:ハイキュー!! 23
 推定売上部数:36,832部
19位:ディーふらぐ! 11
 推定売上部数:33,230部
20位:オレ嫁。 ~オレの嫁になれよ~ 8
 推定売上部数:30,524部

※コミックナタリーのランキング(TSUTAYA調べ&COMIC ZIN調べ)はこちら


【ランキング総評】

10月25日発売の集英社マーガレットコミックスから『思い、思われ、ふり、ふられ』『ReReハロ』『きょうは会社休みます。』『Bread&Butter』がベスト20にランクイン。『思い、思われ、ふり、ふられ』は『アオハライド』の咲坂伊緒の新作。『ストロボエッジ』『アオハライド』ともに「全国書店員が選んだおすすめコミック」(日本出版販売)で上位にランクインした実績があり、咲坂伊緒は「書店ウケがいい」作家。昨年10月13日に第1巻が発売され、『このマンガがすごい!WEB』2015年12月ランキングのオンナ編で第2位。書店員票が集中すれば、今年の『このマンガがすごい!』本誌のオンナ編でも上位躍進が予想される。すでにメディア化(映画化やアニメ化)の白羽の矢が立っていそう
前週で言及したサッカーマンガ2作については、『GIANT KILLING』が今週7位で累計174,974部、『DAYS』が28位で累計118,031部と、ずいぶんと差が開いた。


【Pick up Review】

26位:自殺島 17
27位:自殺島 16
完結した『自殺島』が最後に2冊同時刊行。16巻は23,956部、17巻は24,172部。自殺未遂者たちが孤島でサバイバルをする設定。コミックスにのみ最終回後のエピローグあり。二冊同時刊行で、いずれもほぼ同数の売り上げ。当たり前といえば当たり前のことだけど、ああなるほど、という感慨も。
スピンオフ作品『無法島』(作者は森恒二本人)の連載も決定。

自殺島 16 (ヤングアニマルコミックス)
森恒二
白泉社 (2016-10-28)
売り上げランキング: 214

自殺島 17 (ヤングアニマルコミックス)
森恒二
白泉社 (2016-10-28)
売り上げランキング: 199